しろくまピースの飼育員、高市敦広さんからドッグケーキについてコメントをいただきました!


魔法洋菓子店ソルシエでは、愛犬家のオーナーパティシエが犬用のケーキを開発し、2015年に全国向けに販売を開始しました。

今回、犬用ケーキについて、古くから親交のある高市敦広さんにコメントを頂いたのでご紹介します。

高市敦広さんは、ホッキョクグマ(シロクマ・ピース)の人工哺育に日本で初めて成功したすごい方。

「ホッキョクグマを育てる」ということについてほとんど情報が無い中、ピースを無事に育て上げるまでには、大変な苦労があったと思います。

「私は110日間、完全に母グマになっていました」

この本には、シロクマ・ピースの哺育記録が記されています。

高市敦広さんのコメント

人と暮らすワンちゃんにとって最大の楽しみは、飼い主とのスキンシップ
それに匹敵するのが「食べる事」だと私は思います。
そう考えると、虫歯の原因となる、砂糖を使ってない「ドッグケーキ」は歯みがきをしないワンちゃんにも安心して与えることの出来る、飼い主からの愛情ではないでしょうか。

そして、さらに安心なのは、使用しているクリームが、お腹をこわしやすい「乳糖」を含まない豆乳クリームということです。
豆乳は大豆から作られていて、その大豆は、一般的なドックフードにも使われているので、健康で、アレルギーのないワンちゃんには最適ではないかと。

ケーキのトッピングに使われているフルーツにおいても、食物繊維や、ミネラル等も豊富に含まれているため、補助的に摂取することによって、皮膚の健康や、腸内環境の改善にも役立つと思われます。

付属のボーンクッキーも、骨型に焼かれていてお洒落ですね。
こちらも、全粒粉と大豆粉を使っているので、ワンちゃんのおやつにはヘルシーで、もってこいですね!
ただし、ドックフードに比べるとカロリーが高めなので、一度に与える量は、飼い主さんの愛情の様に、無限ではなく、少し抑えぎみに!

 高市さん、コメントありがとうございました!

コメントの中で「人と暮らすワンちゃんにとって最大の楽しみは飼い主とのスキンシップ」という言葉が印象的でした。

ソルシエのドッグケーキ・ボーンクッキーがワンちゃんとの幸せな空間づくりのお役に立てれば幸いです。

高市さんがおっしゃるように、ドッグケーキはドッグフードに比べると高カロリーなので、与えすぎには十分気をつけてください。

切り分けて冷蔵庫に保存することで、解凍当日を含めて3日間保存することができますので、カットしてあげてくださいね。

ドッグケーキを見てみる