【パティシエ直伝】魔法洋菓子店ソルシエのスイーツレシピ 【おうちで簡単】 RSS



【パティシエ直伝】おうちで簡単!バナナのパウンドケーキの作り方【魔法洋菓子店ソルシエ】

「お店でケーキを買うのはお金がかかるし、手軽に手に入るバナナを使って自分で美味しいパウンドケーキを作ってみたいけど・・・むずかしいんでしょ?」 そういう人のために、初めてでも美味しく出来る「バナナのパウンドケーキ」の作り方をご紹介します。 この記事の信頼性 この記事は「魔法洋菓子店ソルシエ」で40年以上スイーツ作りを研究し、作り続けてきたパティシエ監修のもと作成しています。 お店のレシピをご家庭でも手に入りやすい食材や道具で再現できるようアレンジしてご紹介します。 現役のパティシエが日頃行っている失敗しないためのコツなども、出来るだけわかりやすくご紹介しますのでご安心ください。 バナナのパウンドケーキの作り方 レシピの全体的な工程は次のとおりです。 シュガーバッター液を作る メレンゲを作る バッター液とメレンゲを合わせ、生地を型に流し込む 焼き上げ 読者さんへのメッセージ この記事を読めば誰でも失敗することなく本格的なバナナのパウンドケーキを作ることができます。 実は、バナナは焼いた後も発酵がすすんでしまって味が落ちてしまうので、お店にはあまり並ぶことがありません。 お店ではなかなか味わえないレアなパウンドケーキをぜひ作ってみてください。 それでは、さっそく作っていきましょう。 材料(パウンド型およそ2本分) 材料 分量 小麦粉 150 g ベーキングパウダー 8 g 全卵 3 個 砂糖 150 g バター 150 g 塩 ひとつまみ(1gほど) バナナ 3本   用意する道具 泡立て器(ミキサー) パウンド型 クッキングペーパー(1m未満) オーブン or オーブンレンジ 粉ふるい(無ければ普通の水切りザルでも代用できます) シリコンベラ(無ければスプーンなどでも代用できます)   道具選びに迷ったらこちらの記事も参考にしてみてください。 →【パティシエが選ぶ】Amazonで買える泡立て器とミキサー【2020年】 →【パティシエが選ぶ】Amazonで買えるパウンド型・ケーキ型【2020年】 →【パティシエが選ぶ】Amazonで買えるオーブン・オーブンレンジ【2020年】 →【ダイソーで充分】おすすめシリコンベラ【2020年】 →【ダイソーで充分】おすすめパウンド型・ケーキ型【2020年】   バナナのパウンドケーキの作り方 下準備 1.卵を卵黄と卵白に分ける 卵の割れ目を2cmほど開くと「卵白」だけがボウルに落ちるので、その後残った「卵黄」を別のボウルに落とします。  あとから泡立て器(ミキサー)で「卵白」を泡立ててメレンゲを作りますが、このときに卵黄が混ざるとメレンゲができなくなってしまうので慎重に・・・ ここで黄身が混ざってしまった人や、そもそもメレンゲ自体を作るのが辛いという人のためにメレンゲを使わないレシピもご用意しました。 →メレンゲを使わないパウンドケーキの作り方 メレンゲ有りと無しを比較すると「しっとりふっくらなメレンゲ有り」と「しっとりしっかりなメレンゲ無し」といった感じです。 どちらの作り方にも良さがあるので、作り比べみると面白いですよ。 2.小麦粉とベーキングパウダーを粉ふるいにかける 粉ふるいに小麦粉とベーキングパウダーを入れ、粉ふるいにかけます。 固まりが残ったらスプーンなどで潰しましょう。 粉ふるいがなければ、写真のように水切りのザルでも代用できます。 3.バター(150g)を溶かす バターは液状になるまで溶かすのではなく、クリーム状にします。 なぜかというと「液状のバターは空気を含みにくい」からです。 ふっくらとしたパウンドに仕上げるために、マヨネーズぐらいの固さのクリーム 状を目指しましょう。 まず、バターを1cm角のダイス状にぐらいにカットし、耐熱容器に入れ電子レンジで5秒づつ様子を見ながら加熱すると失敗しにくいです。 4.バナナをつぶす フォークを使って好みのバナナをつぶしてください。 よりバナナの食感を残したいときは、輪切りにしてもOKです。 お疲れ様でした。これで下準備は完了です。 シュガーバッター液を作る 1.バターと卵黄と砂糖(半分:75g)を合わせる 砂糖のザラザラとした感じがなくなり、少し見た目が白っぽくなるまで泡立て器でかき混ぜます。 2.更に小麦粉とベーキングパウダーを合わせる 一度に入れるとだまになってしまいそうな気がしますが、一気に入れて大丈夫です。 中心で小さく円を描きながら、少しづつ外側に広げていく感覚で混ぜるとだまにならずに混ぜることができます。 粉の部分がなくなるまで混ぜてください。 3.更にバナナを合わせる 最後にバナナを加えて全体に混ぜ合わせれば完成です。 メレンゲを作る 1.オーブンの加熱(170℃)を開始する オーブンの予熱には10分〜15分程かかるので、メレンゲを作る前にオーブンを170℃にセットして予熱を開始しておきましょう。 2.卵白と残りの砂糖(75g)を合わせてメレンゲにする 泡立て器(ミキサー)で、写真のように角が立つぐらいまで混ぜます。 メレンゲを作っていると、いつまでかき混ぜても卵白が固まらないことがありますが、そのほとんどは油分や水分がまざってしまうことが原因です。 失敗しないためには、メレンゲを作るまえにボウルについた水滴をよく拭いておくことや、卵黄がまざらないようにすることがポイントです。 卵黄は油分を含んでいるので、少し混ざってしまうだけで高確率で失敗します。 混ざった卵はあきらめて卵焼きにしてしまいましょう。笑 バッター液とメレンゲを合わせて型に流し込む 1.バッター液とメレンゲを合わせる バッター液とメレンゲを合わせるときは、できるだけメレンゲの空気をつぶさないよう、ヘラで切るように混ぜ合わせます。 メレンゲの白い部分の固まりが無くなったら完成です。 2.生地を型に流し込む パウンド生地は大体1.5〜2倍に膨らむので、型に6割ぐらい流し込んでくださ い。 最後にパウンド型を少し持ち上げてトントンと台に落とし、生地を平らにします。 焼き上げ 1.予熱が終わったらパウンド型をオーブンに入れる オーブンの予熱が終わったら、角皿にパウンド型を載せて40分間かけて焼き上げます。 2.焼き上がったらオーブンから出してストン 焼き上がったら、オーブンから角皿ごと取り出します。 オーブンから出したパウンドは、そのままにしておくとせっかく膨らんだ生地が収縮して沈んでいきます。 この時、パウンドケーキに衝撃を与えることで収縮を最小限におさえます。 やり方は簡単で、ヤケドしないよう注意しながら、10cm程型を持ち上げてそのままストンと落下させるだけでOKです。

続きを読む